読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと最近、時間の流れが速すぎる

日々の雑談や本の感想などを書いていきます。

「これから調子悪くなりそう」ってときは「エビになる」に限る

雑談

あんまり病気になったことが無い

 

 

自分は元々体が弱い方ではなくて、子供のころからそんなに病気で大変だった覚えがない。

幼稚園の頃には水疱瘡になったり風邪をひいたりしたことがたびたびあったけど、小学校では一回インフルエンザに罹った以外では休んだことが無かった。

そのときも予防注射を打っていたからそんなに苦しいとは感じなかったし、タミフルを飲んだので症状自体は二日程度で収まったと思う。

本当のところタミフルを飲むのは、丁度そのころ「タミフルを飲んだ子供がベランダから飛び降りた」みたいなニュースがあったので怖かった。

しかし実際に飲んだら体がふわふわしてとても気分が良くなって、家の中を歩いているときも一歩一歩が何だか浮き上がるような感覚になったのを覚えている。

子供ながらに「こりゃあ飛び降りたくもなるな」と思った。

 

中学校、高校では確か一回も学校を休まなかったように記憶している。

考えてみると病気だけじゃなくて、ケガもほとんどしたことが無い。

ずっと運動部だったのにケガをしたことが無いのは多分、ケガしそうになると手を抜いてたからなんだろう。

別に安全な部活というわけじゃなくて、廻りの友達や先輩は普通に骨折やら捻挫やらのケガをしてたし。

 

大学に入ってからは生焼けの豚肉を食べて死にかけたくらいしか、まともな病気になった思い出が無い。

あの時は上からも下からも汚物が出てきて、さながら人間マーライオン状態であった。

あれ以来、焼肉屋で豚肉を食べる時は表面が焦げるくらい焼くようにしている。

 

ともあれ、自分は体が結構丈夫な方だったのだろうとは思う。

 

ヤバそうだったらとにかく「エビになる」のが一番

 

 

昔から親もこういう考えで、子供ながらに「何かだるい」と思ったらとりあえず寝ることにしていた。

自分は病気こそしなかったものの、小学校の頃はとにかく腹痛が頻繁に起こった。

美味しい料理を食べ過ぎると腹痛、学校で授業を受けていると腹痛、車に乗っているときに道に迷うと腹痛と、体の方も「何かマズかったらとりあえず腹痛になっとけ」みたいなノリだったのではないか。

ちなみに腹痛と言うのは本当に腹が痛いだけで、下痢も嘔吐もしなかった。

 

そういうときは親から「エビになってろ」と言われていて、その通りにしていた。

この「エビになる」というのは腹を抱える格好で横向きになって寝転がるということで、格好がエビのようだからこういう風に言っているのだろう。

不思議なことにこういう格好で寝ていると腹痛は知らないうちに収まっている。

血流がよくなるのか姿勢が安心感をもたらすのかはわからないが、自分にとってはこの姿勢を取ることが腹痛の特効薬であり、学校で腹痛になったときも椅子に座ったまま机に頭を載せてこの格好を取っていた。

この格好は腹痛以外でもそれなりに効果があって、なんか風邪っぽい時や頭が痛いときもこうしているとそのうちどうにかなっていた。

 

今でもよく「エビになる」

この考えは今でも変わらず、ちょっと「体調が悪くなりそう」と感じたらエビになって寝ている。

微妙な腹痛や下痢、なーんか頭が痛いような気がするときはとにかく、下宿のベッドでエビになっている。

この記事を書いている今日も、昨日の深夜に下痢を起こしてから昼頃までエビになって寝ていたのだ。

今はもう何ともなく、ダラダラとネットサーフィンをしている。

 

これまでの人生ではこうしてエビになることで窮地をしのいできたわけだが、社会人になったらどうなるのだろうとついつい考えてしまう。

仕事中に腹痛が来たら、果たしてエビになれるのか?

というか会社にも保健室的なものがあったりするのだろうか?

 

それに朝起きた時に「何か体調悪くなりそう」って感じたら、それが理由で休めるのかも重要だ。

こういうのは今現在体調が悪いわけじゃなく、あくまでも「このまま普通に生活したら体調悪くなるだろう」という予想である。

そういう理由でも病欠が取れるのか?

体調が悪いわけじゃないから診断書も何もないのだが、それでもどうにかなるものだろうか?

しかし無理に出勤して予想通り体調不良になったとき、「あのとき無理にでも休んでおくべきだった!」と後悔するのも癪だしなー。

 

あー憂鬱。